お昼のアヒル

思いついたときにいろいろ@noduckon

ライコウ対戦考察(1)

pokemon-matome.net

そんな馬鹿な……ということでライコウを考察します。

 

 

ライコウの育成・対戦における考察を、Youtubeニコニコ動画の対戦データを確認しながら行い、新奇な型を提案する。

ライコウに関する基本情報は"ポケモン徹底攻略"や"ポケモン対戦考察まとめwiki"を参考にしてください。

yakkun.com

pokemon-wiki.net

恵まれた特殊面と素早さが特徴。無振でもカプ・テテフの特化サイコキネシスを耐える。

タイプ・特性が対して優秀ではなく、再生技もないため、受け性能があるわけではない。でんきタイプは地面以外に弱点を突かれない代わりに、鋼・飛行・電気しか受けられるタイプがない。プレッシャー、せいしんりょくは共にアドバンテージを稼ぎづらいが、プレッシャーを利用した型はノイコウとして一般化している。

攻撃面ではじんつうりきやシャドーボール、バークアウトをサブウェポンとして使える。サポート面では両壁を張れるほか、ほえる、めいそうを覚える。

 

以下はポケモングローバルリンクからの引用情報(参照日: 2017/8/31, シーズン5)。ただし使用率1%未満の項目は表示を省いている。

3ds.pokemon-gl.com

わざ使用率

f:id:AhiruIyama:20170831011540p:plain

その他データ

f:id:AhiruIyama:20170831012647p:plain

みがまもノイコウ型はほとんど環境にいないが、たべのこしで耐久を誤魔化したりこだわりメガネやZ技で火力を補強したりするアタッカー型が多い。とつげきチョッキは元々高い特殊耐久をさらに硬くし、特殊アタッカーに対して絶大な遂行能力を得られる。

ひかりのねんどを用いた壁張り型も多い。コケコよりも耐久が高いので、壁張りの役割遂行を非常に安全に行える。

じしんに致命的に弱いため、じしんをかわせるポケモンとよく組まされていることがわかる。

ポケモンランキング上のポケモンとの有利不利

以下は個人の感想でメジャーな型に対する有利不利を規定したもの。(2017/8/30 09:01 JSTより。5: 極めて有利、4: ある程度有利、3: 五分、4: ある程度不利、5: 極めて不利)

f:id:AhiruIyama:20170831024159p:plain

環境には高火力の物理アタッカーが多く、物理相手には基本的に勝てない。また、特殊アタッカーなのでとつげきチョッキに各定数をずらされることには留意しなければならない。

ランドロスは特化すればめざ氷で無振はギリギリ確1になる。おくびょうメガネなら無振チョッキを中乱1、ひかえめメガネでぎりぎり確1。逆にランドロスのじしんは受けられないので、削っていることが前提になる。

チョッキを持たせるとおくびょうリザYのオーバーヒートも1発耐える。ようきXのじしんもHに60振ると耐える。Yは10まんボルトで勝てるが、Xはメガネでやっと高乱2なので厳しい。

テッカグヤに対して非常に強く、メインウェポンはすべて半減で、こちらからは特化していようがおくびょうC252で容易に確2を取れる。無振でも特化じしんを耐えられる。

霊獣ボルトロスも向こうに有効打がなく、こちらは等倍で10まんボルトを入れられるので有利。カプ・コケコも同様の傾向で基本的に有利。

メガゲンガーは無振チョッキでおくびょうヘドロばくだんを確3にできる。10まんボルトでもじんつうりきでも等しく確2で、ボルトチェンジやらほえるやらがあるので有利。ゲンガーをまともに相手できるのはカプ・コケコにはできない芸当である。

ヒードランのだいちのちからを受けるには、ひかえめならHに156かDに100必要。メガネを確3で受けるのは実用的ではない。こちらは10まんボルトなら確3、めざ地なら確2になるので、基本的には勝てるしめざ地があればメガネだろうとどうにかできる。