お昼のアヒル

思いついたときにいろいろ@noduckon

hearthstoneデッキ研究: ウォーゲンヒナスペルローグ(1)

ポケモンだけじゃなくハースストーンもやっています。

ローグクエストをクリアする過程で、足りない資産でなるべく強いローグデッキを作れないかというのを考えている折、こういうデッキを作りました。

f:id:AhiruIyama:20170822134303p:plain

名付けてウォーゲンヒナスペルローグ。組んだすぐ後の数戦でポンポン勝ったのでそこそこ強いんじゃないか? と思って記事を書くことにしました。

 

コンセプト

低予算(持っているカードだけ)で作れる(クエストをクリアできるくらいには)強いローグ。

強力なアタッカー《獰猛なヒナ》と強力なバフ《冷血》を使って沈黙プリースト並みの爆発力を出せないか、というのが発端。

ヒナは極めて警戒されやすいので、ヒナよりは疾風を発動しやすい《激昂のウォーゲン》とこれを能動的に発動できる《死角からの一刺し》《ドス》《翡翠の手裏剣》《腹裂き(非コンボ時)》で火力を強化。

メインアタッカーが3マナであるため、アグロに弱くなるのを防ぐために《ドス》《ナイフの雨》を強力にする《タスカーの漁師》《穢れし狂信者》で序盤をカバー。漁師は強力な1マナミニオン《海賊紳士》を対象にできるためローグとは相性がいい。

終盤には手札から《腹裂き》などを《コボルトの地霊呪痛死》《スペルウィーバー》で強化しリーサルを狙う。

戦績

メイジ: 1勝1敗

プリースト: 1勝

パラディン: 1敗

ウォリアー: 1敗

考察

何戦かしたらそんなに強くないなってなるやつだった。

所詮コンボデッキなので事故は起きるし、除去に弱い。メインカードのヘルスが低いのでAoEには常に頭を悩ませられる。ミニオンによる攻撃が主体なので挑発にも弱い。

並べるタイプのアグロ(アグロマーディンとか)に弱く、結局ナイフの雨を引けないと勝てない。パイロを入れてもいいかもしれない。

コボルトウィーバーは引くと邪魔で、盤面を取れるデッキでもないので簡単に処理されることが多い。少なくとも低マナスペルと合わせられるコボルトはともかくウィーバーは出して処理されるだけのことが多いし、比較的速いデッキ色と合致しない。

あと当然だがローグでやる必要があるかは疑問。ベースカードのほとんどは中立なので、低ダメージスペルを持つドルイドやウォリアーでも同じことができるかもしれない。ドルイド自傷点を稼ぎづらい代わりに細かいバフが多い。ウォリアーはAoEもバフも多くウォーゲンを活かしやすい。これら以外にもシャーマンは疾風関係のカードが多く、ウォーゲンやヒナにこだわる必要がない。高ダメージスペルがいくつかあるので、スペルシャーマンも組めるかもしれない。

スロールマーを入れてもいいが、所詮は2/3なので決まれば8点出せるウォーゲンなどと比べて弱い。

スペルローグはわりといけそうな感じがあるので、マリゴスやオークショニアを使って往年のマリドルのような動きはできるかもしれない。